昔はどれだけ容量を確保するのか、というのが死活問題になっていたほどです。

いまでもそうした傾向はありますが、それでも遥かにハードウェアの性能はよくなっています。数千倍、数万倍、という単位で向上していますから、動画などの保存も非常に楽になっているといえます。これは間違いないことではありますが、費用的にもお金がとてもかかるのは確かです。しかし、それも昔と比べた場合は安くなっています。

そもそもパソコンが全体として安くなっているわけですから、これは極めて良いことであるといえます。ハードウェアというのは、とにかく大きい方が良いです。少ないことにメリットはないので、余裕を持っていたほうが良いでしょう。それこそが失敗しないコツであり、後で困らないようにするためには、それがベストであるといえます。これからもどんどん容量を使うサービスや行為が増えて行くことになります。

それに対応できるように多めに用意しておくことは当然であるといえます。ハードウェアに関していえば、当たり前ではありますが、かなり費用がかかるようになります。容量と費用は比例することになりますから、これは覚悟しておくべきでしょう。しかし、何かと役に立つのは確かであるといえますから、少しでも多く確保しておくべきです。特に企業にはそれが強くいえます。原則的に不足することだけは避けるべきですし、少しでも良い質のハードウェアを購入するべきでしょう。それが大原則です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *