映像制作ソフトは、非常に値段が張るものが多いです。

一本50万円程度するのが普通で、しかもきちんとドングルがついていて不正利用ができないようになっています。近年は登録をしなくてはソフトが起動しないなどの工夫もされているので、なかなか普通の人はこうしたソフトを使って勉強していくことはできません。映像制作の世界にはフリーソフトもたくさんあるのですが、やはりプロを目指しているのならフリーソフトで練習をしているのでは物足りなくなってしまいます。

プロの世界に入った後のことも考えて、最初から一流ソフトを使うようにするのがベストです。こうした高価な映像制作ソフトは、多くの場合で学割が使えるという特徴があります。そのソフトも使う人がいなければ売上を伸ばせないので、学生にはどんどん使って欲しいとメーカー側も考えているのです。ですから、学生に対しては安価で提供してくれるメーカーが多いです。

大学に通っているなり、専門学校に通っているなりすれば、非常に安い値段でそれほど機能制限がされていないバージョンのものを購入可能です。このためだけに値段の安い専門学校に通うという人がいるぐらいです。値段の高いソフトになると、専門学校に通って学割をしてもらった方がお得になるというケースもあるのです。他にも、法人に向けては安い値段で売りに出しているメーカーもあります。個人事業主でも法人化すれば安価にソフトを手に入れて仕事ができるのです。
動画制作のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *