映像制作ビジネスはいま、世界的に隆盛を極めています。

公開されている映画のほとんどすべてで、かなりの量のコンピューターグラフィックスが使用されています。これらの仕事は世界中に撒かれていて、とくにインドやニュージーランドあたりではコンピューターグラフィックスを専門に行う会社が数多く設立されていて、アメリカからの仕事を請け負っています。日本人でも優秀な腕を持っている人は、アメリカに呼び寄せられて非常に高額な月収を稼いでいるのです。

映像制作の仕事は、スペシャリストになることができれば世界で仕事をしていくことができます。英語ができなくてもあまり不便はないです。基本的にはほとんどの時間を実際の作業に充てるのですから、だいたいのことが分かればそれで大丈夫です。アメリカの映像制作スペシャリストに対する報酬は、日本で仕事をするのとは少しレベルが違っています。月収60万円以上はごくごく当たり前で、100万以上貰う人もざらにいます。

日本では20万からということなので、数倍ほどは差があると言っていいでしょう。儲けたいなら、海外進出するのもひとつの手です。大作映画のコンピューターグラフィックスを担当すれば、世界中に名前を売ることができます。さまざまな賞の候補になることもできるので、とてもやりがいは大きいです。予算も潤沢に使えるので、自分の理想とする映像表現を追求できる環境が整っています。より迫力のある映像制作がしたいなら、やはりアメリカはいい場所です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *