映像制作をするときには、動かないものや動くものを撮影する場合がありますがそれら以外もあります。

それは列車の先頭車から眺めることができる風景を撮影することで、これも一つの作品となります。列車の始発から終点までの前方からの光景を記録するという行為には、特殊な撮影技術は要求されません。というのも撮影の対象が前方の風景なので、その様子を写すだけで作品を仕上げることができるからです。またこの前方の風景を捉えた映像作品は、鉄道会社にとって新たなビジネスの機会となるのです。

列車の前方から見える映像を作品として販売することで、新たな収益にしていくことが可能となります。つまり映像制作をすることによって、利益の確保へとつなげるという新しい形態のビジネスを生み出すのです。加えて、鉄道会社が映像制作によって作った作品をインターネット上の動画サイトに投稿するという手段もあります。

これによって、日本国内だけでなく海外にも列車から見える光景を見せることができるのです。このとき、映像制作は鉄道会社にとって新たな宣伝方法と集客方法になり、事業戦略の一つとなっていきます。また他の方法として、列車の前方から見える風景を後ろの車両からでも見れるようにするというやり方があります。後部の車両にモニターを設置して、前方で撮影されている映像を送っていき乗客に見せていくのです。このように工夫すれば、乗客の移動における時間を有意義なものへと変更していくことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *