動画制作をするのに必要な知識があります。

フレームレートという言葉ご存知でしょうか。フレームレートとは、1秒間あたりのパラパラ漫画の枚数をいいます。フレームレートの数値が高い程に動画は滑らかな動きになります。1秒あたりが30フレームの場合は30fpsとなります。fpsという単位で表現をします。フレームレートは2つの種類に分ける事ができます。1つはCFRという固定フレームレートがあります。

動画の全ての区間でフレームレートが一定の動画の事をいうようです。安定した動画制作をする事が可能になります。動画にクオリティを求めているならばCFRの方が良いと言われています。もう1つのVFRは可変フレームレートと言います。フレーム数を動画のシーンによって減らしたり、増やしたりする事をいいます。例えば、夜景などを固定して撮影しているシーンなどはフレーム数を少なくする事ができます。

デジタルカメラやスマートフォンで撮った動画は、ほとんどがVFRと言っても良いでしょう。ズレが少ない良質な動画制作をしたいと考えている人はVFRをCFRに変換をする事を考えてみても良いかもしれません。逆に動画の質にこだわりが無い人はVFRでも良いでしょう。ファイルサイズも小さくすることができますので、それぞれの長所と短所を理解した上でどちらにするかを選択するのが良いかもしれません。まずは、ご自身が動画制作をする目的を明確にするところから始めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *