最近は動画制作ソフトなどの発展によって一人で作業してもかなりの編集が出来るようになってきました。

ソフトの価格も安く、一般向けのもであれば数千円程度で購入することができます。こうしたものでも、基本的な編集機能は一通りそろっていることが多いので、一人でやっても結構な編集が出来ることがわかります。また無料で使えるものや、優良でも一定期間は無料で使えたりと、お得に使えるものが増えてきています。そのため、以前に比べると少ない人数で動画制作ができるようになっています。ですが、だからといって多人数でやることがだめであるということにはなりません。

動画には様々なパートがあり、それぞれ人によって得意な分野が違ってきます。音楽や効果音などの音を扱うことが得意な人もいれば、実際の撮影の時にカメラを上手に回せる人など、人によって能力が違ってきます。こうしたことからもチームでそれぞれの得意分野を担当して一つの動画を作るようにしていけばより高いクオリティの作品を作ることが出来る様になります。

もちろん一人でやることと違い、様々な障害が起きるかもしれません。チームの連携を上手くとらなければ思わぬトラブルが起きる可能性もあります。ですが、チームで作業していくことで一人では味わうことが出来ないような楽しい経験も出来ますし、また先にも書いたようにクオリティも向上させることが出来るので、動画制作を吹く数人で作ってみることもおもしろいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *