動画制作をする時の考え方で重要なのが分かり易いようにする事です。

動画制作においては特に難しい事を考える必要は無くて、自分が見た時に最も理解しやすいのはどのようなモノかという事を考えて、視聴者の目線で動画制作をするという事を考えれば後は自然と出来るようになると考えて良いでしょう。この事は当たり前のように考えられますが、実は様々な動画制作をしてテクニックを身につけていくと、これが分からなくなるという事が良くあります。

自分はふんだんに最新技術を取り入れてかっこよくつくるという事をしているつもりでも、それが却って分かりにくくしているという事がよくあるのです。例えば最近の動画には様々な特殊効果が付け加えられる事が多くなっていますが、そのようなものを入れると、本来見えるはずの物がみえなくなったりするので、視聴者からすると迷惑だと感じるような事もあるわけです。

綺麗な分かり易くしてくれる加工であれば、これはありがたいのですが、画面がごちゃごちゃにって見にくくなるような事になると、もう興味が一瞬で無くなるという事も珍しい事ではありません。動画というは実は情報量があまりにも多いので、人は見る時に情報量を絞り込んで見ているという事があるので、これにも注意をしておいた方がいいでしょう。詰め込みすぎても理解出来なくなるので、適度に休憩を入れるという事もしてもいいわけです。常にクライマックスというわけにもいかないわけですから、動画はメリハリが大切という事も言えるのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *